今村翔太 | Shota Imamura

About Me

株式会社Nefront 代表取締役CEO。東京大学大学院 暦本研究室 修士2年。

Nefront社では、主に屋内向けARクラウド「IndooAR」というシステムを手掛けています。このシステムは、画像を用いて屋内での位置特定をし、案内や情報提示をするアプリを提供する基盤として活用できます。

また、東京大学大学院 暦本研究室では、HCI(ヒューマン・コンピュータ・インタラクション)の研究を行っています。これまでに、会話内容に合わせてLLM(大規模言語モデル)やベクター検索を用いて情報提示や議論支援を行うシステム、コンテンツを見ながら快適に操作できる視線操作手法を提案してきました。

事業や研究を通じて、AIやAR技術を駆使し、欲しい情報が目の前にある世界の実現を目指しています。

学歴 Education


2023/4 - Present

東京大学大学院  学際情報学府 暦本研究室


2019/4 - 2023/3

筑波大学 情報学群 情報科学類


2012/4 - 2018/3

東海学園 東海中学校・東海高等学校


職歴 Experience


2021/6 - Present

株式会社Nefront 代表取締役 CEO

画像認識を用いて屋内の位置を特定し情報提示や案内を行うシステム「屋内ARクラウド IndooAR」など、「欲しい情報を目の前に提供するソリューションを手掛けています。

https://nefront.com



2020/1 - 2020/9

株式会社にじげん PM インターン

株式会社じげんの戦略子会社である株式会社にじげん(現:株式会社CORDA)にて、アプリの開発や新規Webサービスの立ち上げに、PMとして携わりました。

受賞・表彰 Award & Honors

2024/4

Best Paper Honorable Mention at Augmented Humans 2024

Serendipity Wall: A Discussion Support System Using Real-time Speech Recognition and Large Language Model
Shota Imamura, Hirotaka Hiraki and Jun Rekimoto.

2023/3

筑波大学 情報学群長 表彰


2022/12

キャンパスベンチャーグランプリ東京大会 日刊工業新聞社賞

「屋内ARクラウド IndooAR」に関連して
2022/12

学生ビジネスプランコンテスト アイデア賞

「屋内ARクラウド IndooAR」に関連して

2022/11

総務省 異能vation ジェネレーションアワード ノミネート

「屋内ARクラウド IndooAR」に関連して
2022/11茨城県学生ビジネスプランコンテスト 常陽銀行賞、サザコーヒー賞 受賞「屋内ARクラウド IndooAR」に関連して

研究 Research

国際学会 査読付き論文(フルペーパー)


国際学会 査読付き論文(ショートペーパー、アブストラクト)


国内学会 査読付き論文


国内学会 デモ・ポスター発表

奨学金・補助金 Scholarship & Grants

 2024/4 - Present

東京大学大学院「未来社会協創」 国際卓越大学院 WINGS-CFS 採用


2023/10 - 2024/3

総務省スタートアップ創出型萌芽的研究開発支援事業 ICTスタートアップリーグ Support 1 採択(株式会社Nefrontとして


ニュース News

 工事中...

その他 Others

2023/8 - 2024/3

経済産業省 令和5年度コンテンツ海外展開促進事業 TechBiz採択 (株式会社Nefrontとして)



2022/4

TOEIC Listening & Reading Test 900点 取得


2022/2

enPiT-BizSysD 

2022 年 2 月 28 日 修了. 社会やビジネスニーズに対する実用的なソリューションとしてのビジネスアプリケーションやシステムデザインを自ら提案, 開発し, 顧客の潜在 的要求を満たすことのできる人材育成を目指す1年間のプログラムを修了.
参考 URL : https://bizsysd.enpit.jp

2020/12

Design Thinking Immersion Training

2020 年 12 月 12 日 修了. カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院による 6 週間のデザイン思考のオンライン講義. オンライン講義と学生グループによるグルー プワークや UC バークレー教授陣との英語でのディスカッションを経て, プレゼン発表を行った.
参考 URL : https://edge-next.eng.tohoku.ac.jp/wp/wp-content/uploads/201006_2.pdf